サイトへ戻る

1/9 姿を見せない野生動物を探る体験

· 三浦半島生物多様性保全,野生生物

姿を見せない野生動物を探る体験

ふだんは人を避けて活動している野生動物。でも、確実にこの地域に生息しています。さて、あなたならどうやってその気配を探りますか?彼らは必ず自分たちのいる「証拠」を残しています。今回はみんなで野生動物の探偵になりましょう。
足跡、ふん、食べ後、そしてセンサーカメラで動画を撮影してみましょう。今回は大楠山に広く生息している中型哺乳類を中心に探ってみます。タヌキやイタチ、外来生物のアライグマやハクビシン、もしかするとアナグマの痕跡も見つかるかも知れません。他にも野鳥や越冬している昆虫を観察してみましょう。この時期は林の木が落葉して、小鳥が比較的観察しやすくなっています。カシラダカやシメなどが見られるかもしれません。
歩きやすい恰好(スニーカー、ウインドブレーカー等)でお越しください。毛糸の服は、植物の種(くっつき虫)がついて取れなくなる可能性があります。解散は集合場所に戻ってくる予定ですが、そのまま大楠山山頂を越えて前田橋バス停や平作方面に出ることもできます。
集合
2021年1月9日(土) 9:00
集合:湘南国際村センターバス停
(バスはJR逗子駅東口1番乗り場8:30発、京急逗子・葉山駅南口1番乗り場8:32発、汐入駅8:09発「湘南国際村センター前」行きにご乗車ください)
解散:14:00ごろを予定
※駐車場はコロナの関係で閉鎖されていますのでご注意ください。
持ち物:お弁当、水筒、帽子、あれば双眼鏡やカメラ
参加費:一人1000円(未就学児無料)

主催:NPO法人三浦半島生物多様性保全

共催:三浦半島自然保護の会

当日の緊急連絡先
090-6133-5500(NPO三浦半島生物多様性保全 スタッフ)

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK